※現在、コロナウイルスの影響で、営業時間を短縮または休業している店舗があります。 公式サイトをご確認の上、お申し込みください。
脱毛の知識

医療脱毛は痛みを軽減できる?特に痛い部位はVIOと足の指!

医療脱毛は痛いというイメージが強いかと思います。特にVIOと足の指に関しては、更に痛みも増すのです。

医療脱毛を取り扱っているクリニックでは、笑気麻酔といった麻酔を使って痛みを軽減させてくれるところも多くあります。

麻酔まではいかなくとも、痛み止めを使ってくれるケースもありますよ。

今回は、医療脱毛に伴う痛みの原因や対策についてまとめてみました。

痛みが怖くて医療脱毛に踏み切れない方はもちろん、今現在通ってはいるものの痛みが辛いという方など、幅広く参考にしていただけると幸いです。

VIO脱毛をするメリットとは?アンダーヘアーの形とおすすめ脱毛サロンランキング周りでもVIO脱毛を受けている方が普通にたくさんいるのではないでしょうか?「ちょっと恥ずかしい」という気持ちもあるかもしれません。 V...

医療脱毛で特に痛いのはVIOと足の指

医療脱毛で痛みを感じやすいのは、VIOと足の指だと言われています。いずれも皮膚が薄くて痛みに敏感な場所だからです。

脱毛器は黒い色素に反応するということも起因しているのでしょう。VIOや足の指の毛が色素沈着を起こしていれば、尚更です。

医療脱毛で痛みが強くなる理由

医療脱毛はなぜ痛みを伴うのでしょうか?その理由を知ることで、対策を打つことができます。

  1. 皮膚が薄い・弱い
  2. 毛が太い・濃い
  3. レーザーの威力が強い
  4. 色素沈着が起こっている
  5. 産毛が生えている場合

詳しい理由について見ていきましょう。

1.皮膚が薄い・弱い

皮膚が薄い部位であったり、元々皮膚が弱いという場合は痛みが増します。

皮膚を通じずにダイレクトに反応してしまうため、ものすごく痛いと感じるんです。

2.毛が太い・濃い

毛が太くてしっかり生えていると、その分痛みを感じやすくなります。

これは、レーザーが強く反応することが原因です。

レーザーが強い反応を示すと、伝える熱も熱くなり、それが痛みとして感じられます。

3.レーザーの威力が強い

医療脱毛は、脱毛サロンの光脱毛とは違い、レーザーの威力自体が強くなっています。

その分、痛みを感じるというのは当然の結果になるとも言えるかもしれませんね。

4.色素沈着が起こっている

レーザーは黒い色素に反応するため、毛穴や皮膚が色素沈着を起こしていると痛みをつよく感じます。

また、VIOの場合は皮膚の色素が元々濃いということもあり、ほとんどの方が痛みを感じるという訳です。

5.産毛が生えている場合

産毛は毛も細くて目立たないことから、レーザーの痛みも感じにくいと考える方もいらっしゃることと思います。

しかし、そうではありません。

産毛の場合は、レーザーがきちんと反応してくれるように出力を強めます。そのため、痛みは感じやすくなってしまうんです。

医療レーザー脱毛の痛みを軽減する方法

痛みをなるべく軽減させるために、各クリニックでは様々な対策を講じています。

具体的な方法としては、以下の通りです。

  1. 麻酔(クリーム・麻酔テープ・笑気麻酔・局所麻酔)
  2. 普段から保湿をしておく
  3. カフェインを避ける
  4. 冷却する

クリニックでの協力が必要な方法もあれば、自分でできる対策もあるので、できるところから始めていきましょう。

1.麻酔(クリーム・麻酔テープ・笑気麻酔・局所麻酔)

クリニックで麻酔をかけてもらうことで、レーザーの痛みを感じにくくすることができます。

麻酔クリームやテープ、笑気麻酔や局所麻酔など、クリニックによって取り扱っている麻酔の種類も様々です。カウンセリングを受ける際に、麻酔について相談してみましょう。

2.普段から保湿をしておく

乾燥した皮膚から生えている毛と、潤った皮膚から生えている毛の2種類があった場合、後者の方が痛みは感じにくくなります。

土に埋まった植物を抜くのをイメージすると分かりやすいですが、干からびた地面よりも湿気のある地面の方がスムーズですよね。

それと同じ。

そのため、普段からの保湿ケアをしっかりしてあげると随分変わってきますよ。お風呂上がりなどの時間を活用して、ボディーローションで保湿ケアを習慣にしていきましょう。

3.カフェインを避ける

カフェインと脱毛は、一見何の関係もないように思ってしまいますよね。

しかし、実は密接な関係があるんです。

カフェインを含む飲み物を飲むと、神経が過敏になるため、脱毛の痛みも感じやすくなります。特に脱毛前後は、カフェインは避けるようにしましょう。

どうしてもコーヒーや紅茶が飲みたいという場合は、妊婦さんも飲めるノンカフェインの物を飲むのがおすすめですよ。

4.冷却する

施術を受けた部位は、冷やすことで痛みが軽減されます。一瞬ヤケドをしたような状態になっているので、冷却することで熱さが和らぎます。

冷やし過ぎには注意する必要がありますが、冷却すると神経が鈍感になるので、脱毛前後に取り入れてみると痛みを軽減できるでしょう。

事前に痛み止めの市販薬を飲むのはNG

自己判断で痛み止めの市販薬を飲むという方法を思いつく方もいらっしゃるかと思います。しかし、鎮痛剤などの薬を服用すると、脱毛器の光に反応して皮膚炎を起こしたり、赤みが出たりすることがあります。

どのクリニックでも、鎮痛剤だけではなく施術前の服薬はNG。

服薬をすると、体調や肌の調子がいつもと同じではなくなり、トラブルの原因にもなりかねません。施術を受ける際は、薬を飲んでいない健康な状態で臨むようにしましょう。

痛くても我慢!一度永久脱毛すればもうムダ毛からは卒業できる

どんな対策をしたとしてとも、残念ながら医療脱毛の痛みから完全に逃れることはできませんが、軽減させることはできます。自分で取り入れられる対策を実践してみてください。

痛みを我慢しなければならないシーンも多くありますが、それさえ乗り越えれば後はムダ毛処理に追われることも一切なくなります。一時の我慢だと思って、頑張っていきましょう!

VIO脱毛をするメリットとは?アンダーヘアーの形とおすすめ脱毛サロンランキング周りでもVIO脱毛を受けている方が普通にたくさんいるのではないでしょうか?「ちょっと恥ずかしい」という気持ちもあるかもしれません。 V...